DSC_0002
DSC_0001
DSC_0003
アシッドワームは素体の穴が拡張されていなかったため、だいぶ苦労してリボ球ねじ込みました・・・
手が痛いです・・・