DSC_0006

今日はリボルテック アッセンブルボーグ

第1章 「緊急発進!! Blast Off!! (ブラストオフ!!) 」 より
CODE.02 バレルズスピーダーのレビューを行いたいと思います。
長らくお待たせいたしました。続きからレビューになります。

□公式設定

 アッセンブルボーグチーム専用に開発された高機動多目的型特殊兵器。通常は巨大な砲身を備えたコンバットバイクの形態を取るが、車体を構成する各モジュールを分離、また合体させることで、アッセンブルボーグをパワーアップする強力無比な兵装となる。

□発売日
2008年12月15日

□価格(当時)
3,300円(5%税込み)

□パッケージ
DSC_000122
・ブリスター中身
DSC_00041
・裏面
DSC_0004

□内容物
1)バレルズスピーダー
DSC_0015


2)シークレットノートvol.1(略)

3)ボーナスジョイント
10mm、8mm、8mmダブル、6mm、6mmダブル、ストレートショート、ストレートロング
計7種×2個=14個
こちらはミスターアッセンブルと同様となります。

□レビュー
1)本体を通して
DSC_0011
DSC_0012
DSC_0013

前と後ろ・横から。
バレル(ブレードのような部分)が特徴的なバイクです。
北斗の拳で悪党が常用してそうな感じですな・・・

・ミスターを乗せて
DSC_000422
アッセンブルボーグ素体にはやや小さいような印象を受けます。
私自身あまりバイクとか乗り物とかに興味がないため、あまりかっこいいとかいう印象はありませんが・・・
世間一般ではどうやらこれはかっこいいらしいです。

DSC_000422 - コピー
拡大。やっぱりなんだか窮屈そうです。

2)パーツ構成
ここからは各パーツにどんなアッセン穴が空いているか説明していきます。
DSC_0004 - コピー

 (1)座席パーツ
DSC_0015
DSC_0018
DSC_0016DSC_0017DSC_0019

アッセン穴は合計で12個空いています。

DSC_0020
 全部の穴にストレートジョイント挿すとこんな感じになります。

(2)前のオレンジのクリアポーツ
DSC_0010
 アッセン穴は計3個空いています。

(3) 下部の大きいパーツ
DSC_0025DSC_0026

穴は13個空いています。

(4)座席と下部パーツの連結パーツ
DSC_0021
DSC_0022
穴は9個空いています。

(5)前輪の軸を通しているパーツ(パーツ数2)
DSC_0023
DSC_0024
穴は12個空いています。

(6)後輪の軸を通しているパーツ(パーツ数2)
DSC_0014
穴は8個空いています。
 
(7)後部の銃型のパーツ(パーツ数2)
DSC_0011
穴は6個空いています。
 
(8)前部分の銃型のパーツ
DSC_0012
DSC_0013
穴は5個空いています。

(9)バレル
DSC_0003
穴は4個と軸が1個です。

(10)フット部品(パーツ数2)
DSC_000411
穴は3個空いています。

(11)ハンドル・フットスイッチ
DSC_000311
それぞれ軸が1個あります。

(12)タイヤ(パーツ数2)
DSC_0001
穴は軸方向に5×2=10個、円周方向に90°ピッチで4個 計14個空いています。

以上がパーツ構成および穴の数の説明になります。

□まとめ
ミスターから比べると格段にアッセンブルしやすいパーツ構成になっています。
このキットだけでも十分に遊べますし、ミスターや今後紹介するバロン・サイバーその他諸々と合わせても遊べる、
非常にプレイバリューの高い商品になっています。
現在では入手が困難ですが、もし中古屋で5000円程度で見つけたら即買い必須です。
またバレルズスピーダーにはタイプがあと2種類タイプB、タイプCがあり、それぞれバロンとサイバー専用の物も出ています。
タイプCは持っているのでいずれレビューはできると思いますが、タイプBも入手できればですが、レビューしたいと思います。

今回のレビューはこのへんで~
では、またヾ(´ω`=´ω`)ノ
・4/22追記
バレルズスピーダーがアッセンブルボーグNEXUSとして6月に再販されます!

しかもtypeB,C再現できるパーツセットで!

海洋堂は・・・神か・・・



これで高い金出して転売屋から買わなくて済みますね!

みなさん全力で買いましょう!!!





ではでは~(`・ω・´)